乳酸菌のサプリメントでアトピーが治る

アトピーが治る
時々、アトピー性皮膚炎を患っている人を見かけることがあり、首や手などが赤黒くかぶれたようになっています。

また、かゆそうにぼりぼり掻いていますが、アトピー性皮膚炎は体の免疫力の低下が影響しています。

腸内環境の改善

人の腸には免疫細胞の70%が集まっており、人の体を異物から守る役目を担っています。従って、腸内環境が悪化すると免疫機能が下がり、アレルギー反応を起こしたり、症状が悪化したりします。アトピー症状も腸内環境の悪化が影響しています。

また、人の腸内には細菌だけではなく真菌類(カビ)が存在しており、そのほとんどがカンジダ菌です。

カンジダ菌は腸内環境が整っていると全く活動しませんが、腸内環境が悪化すると一気に増殖し、様々な障害をもたらします。そして、カンジダ菌が増加すると毒素の量が増えて免疫力が低下します。

腸内環境を改善

アトピー症状を改善するには、腸内環境を良くすることが必須です。そのための最善策が、腸内において悪玉菌を減らし、善玉菌を増やしてあげることです。その方法は以下の2つです。

1.食生活の改善

腸内環境を整える成分を摂取するとともに、悪玉菌を増加させる成分を控えるようにします。

高脂肪・高糖質な食事を少なくし、食物繊維を多く摂るようにすると、腸内環境が良くなってきます。

2.悪玉菌の増殖を阻止

善玉菌は悪玉菌の増殖を阻止する働きをします。そして、善玉菌はオリゴ糖などの小糖類と結びつき、有機酸を作り出します。

悪玉菌はアルカリ性を好む性質があり、腸内を酸性に保つことで悪玉菌の増殖が抑制できます。

乳酸菌で腸内改善

腸内環境を改善するには善玉菌である乳酸菌を直接摂取することも有効です。

最近は乳酸菌を含む食品が多くなっていますが、乳製品と一緒に乳酸菌を摂ると、乳製品がアトピーを悪化させる可能性があります。また、乳酸菌は熱や酸に弱いため、腸に届く前に多くが死滅してしまいます。

そこで、効果的なのが乳酸菌のサプリメントです。サプリメントなら1日に必要量を服用するだけで、多くの量の乳酸菌を腸まで届けることができます。

便秘で乳酸菌サプリを使用する場合の注意点について

乳酸菌は腸内で働いて便秘を解消できるとされています。そのため乳酸菌の含まれた飲食物を積極的に摂る人は多いものです。

乳酸菌は主に乳製品や味噌など複数の飲食物に含まれているのですが、人によってはこれらのものを摂取したいと思っていても時間が思うように取れなかったりあるいはアレルギーなどで摂取ができないこともあります。

そのような乳酸菌を簡単に摂れないという場合には、乳酸菌サプリを使用することで摂取が可能になります。

この乳酸菌サプリに関しては人によっては服用するだけで便秘の症状が落ち着くという人もいることから、薬を飲むよりも安全だということで愛用している人は多くなっています。

しかしいかに副作用の少ないサプリメントであっても人によっては服用したことによって悪影響が出ることもあるため、服用の際には注意が必要です。まず乳酸菌サプリに関しては1日に適した量があることから、必要以上に服用しないようにすべきです。

サプリメントは摂取する量が多いほど効き目が出るものではありません。必要量を摂取していても効き目を感じられないという場合には、便秘を別の方法で解消すべきです。

また必要量以内で摂取していても体質によってはかえってお腹を壊したり、あるいは腹部膨満感を自覚するなど不快な症状が出てくることも珍しくありません。そのような場合には服用を中止して別の方法で便秘解消をしなければいけないのです。

さらに乳酸菌サプリは商品によって成分が少しずつ違ってくることから、ある商品では問題なく服用できても別の商品は服用すると途端にお腹の調子が悪くなってしまうこともあります。

現在乳酸菌サプリは数多くの商品が販売されているため、その中から自分に合った商品を探すことが可能になっているため1つ試してみて調子がかえってよくない、あるいは何も効き目を感じないという場合には別の商品を試していくことで自分に合った乳酸菌サプリを探していくべきです。